logo.png 2011年10月リリースしました。

2010年05月13日

Madrid観戦@

念願の海外観戦。
参考にしていただけたら光栄です。


会場に入る際日本とは違い、空港のように荷物検査ありますw
飲み物を持ち込むことはできないので注意!
まだ一滴も飲んでない水を捨てることになりました笑
ちなみに、中でしか飲み物は買えないのですが、水が2ユーロもします。ジュースは3ユーロw
高すぎーーー

まあそんな中、初めて会場に入っていったわけすが。
月曜日、一番最初に目撃したのが
あの「ナダル」の練習だった。
スペインのPere Ribaと練習。
どちらもすごく人気があって歓声がすごかった。

同じスペインのリバ・ペラ(PERE RIBA)と練習中。
P1000340-2.jpg

トニーさんと作戦会議?
P1000343-2.jpg


スペインと日本とでは会場の雰囲気が違う。
どんな風にちがうかって?
日本だとみんながみんなお葬式のようにしーーーーんとして練習見てるんだよねw
でも、スペインではすごく賑やかに楽しんで練習見てますね。
それから、小さい子供(小1くらい)がたくさん見に来ている!学校なのかテニスクラブでなのかわからないけれど「社会科見学」みたいな感じで来てましたね。
でも、みんな結構マナー守って静かでしたよw

子供たち
P1000358-2.jpg


ベルダスコもナダルほどではないが、スペインではナダル、フェデラーにつぐ3番目くらいの人気!!
「べるだーすこ、べるだーすこ」って子供たちに応援されてました。

☆ここでミニ情報☆
「ベルダスコはおぼっちゃん!?」
ベルダスコは「ラ・ボラ」よいうマドッリド市内にあるお店のオーナーの息子で、かなりのお金持ちらしい。
ちなみにこの店はふつうに誰でも入れるお店だそうです。近くにホテルに止まっていたので食べてみたかったが、機会がなく食べられそうになさそうだ。バルセロナ優勝後そこでパーティーを開いただとかさ!


ナダルのほか、フェデラー、ナルバンディアン(欠場したけど)、ベルダスコ、フェレール、ワウリンカ、ベルッチ、クエリー、ロクス兄などなどいろんな選手の練習を見れた。
月曜日(1回戦)はお勧めです!!!
まだ、人もそんなにいないのでいろんな人の練習見れる。
試合よりも早いラウンドの時は、練習メインの方がチケット代もかからず楽しめると思いますよ。

ちなみに欠場したナルバンディアン・・・
練習では遊んでました笑
あれが練習なのかな?少なくともぼくには遊んでるようにみえた。
P1000373-2.jpg


そして・・・
ウクライナALEXANDR DOLGOPOLOVって知ってます?
今回セッピを倒し、2回戦でナダルに負けた選手。
彼がまたなぞな選手(笑)

気になった人、
のちにまた紹介したいと思いますが、動画探してみてください笑

posted by もーすけ at 07:58| Comment(4) | テニス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

viajeA

実にその日の出来事を小学生的文章ではなく書くということは難しい。
私は小学生的文章しかかけそうにないな・・・w


閑話休題
マドリッドに到着して次の日は・・・
マドリッド市内を観光し、美術館をみたりとのんびりすごした。
天気は「雨」という予報だったので心配していたが、ヨーロッパの雨は1日中降るということはあまりないらしく、断続的な雨でなんとか楽しく観光できた。

この日はプラドではなくティッセン・ボルミネッサ美術館を鑑賞。
たまたまモネの季節セッションもやっていてぼくは間違えて、モネのセッションだけの券を買ってしまった。
あとで気づいたぼくは、なんとか英語でチケットを換えてほしいと交渉。「交渉」とは大げさだ。「頼んでみた」くらいがちょうどいいだろうw
それも無事成功し、のんびり芸術鑑賞を楽しめた。
中でもとりわけお気に入りだったのは、
カンディンスキーんの絵だ。
むかしからテレビやら本やらで彼の絵に惹かれていたのだが、実際に目にして改めて彼の絵を好きになった。
1922−1924ごろ書いた幾何学的な作品が特に好きである。


そして
とにかく、とにかく・・・
食事の量が半端ない!!!
なにひとつとって、少なかったことがない。
みなさんもスペイン行くときはご注意を。笑
食べすぎでおなか壊した愚か者は現在ここにいるw


マドリッド名物の「イカリングサンド」
マヨール広場にて食べた。
P1000308-2.JPG

朝ごはん
P1000275-2.JPG


で、3日目は今回の一番の目的の
「マドリッドテニス観戦」!!!

最寄駅を降りると周辺は住宅地で、田舎って感じの場所。
しかし、ちょっといくと周辺とは調和できないとんでもなく大きな施設があるのです。
P1000327-2.JPG



一番最初に見たのが、なんと・・・
彼、ラファエル・ナダルの練習だった。

日本と同じ感覚でいくと、あまり有名人の練習って見れないと思っていたのですが、ここは違う。
練習コートもスタンドがついているから大勢の人が見ることができた。

初めての生ラファに感激・・・

テニス関連に関しては、
情報量が多く、この続きで書くのは困難なため別のトピックでとりあげよう。そうしようw

水曜・木曜とテニス観戦は続く・・・
posted by もーすけ at 06:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

viaje@

海外観戦をしてみたい、ラファをこの目で見てみたいという想いからついに始まったスペイン・マドリッド旅行。
機内では
・中世のヨーロッパを感じさせるような音楽Coldplay「viva la vida」
・Rediohead「The bends」
・交響曲の父と呼ばれるFranz Joseph Haydn
・ラフマニノフのピアノ協奏曲
を聞きながら、
例によってマイブームの
・村上春樹「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
・ヘンリー・ジェイムス「デイジー・ミラー」
を読んでいた。

そして約16時間かけてフランス・パリを経由してマドリッドへ。


機内食は、こんな
P1000265-2.JPG
P1000266-2.JPG


これは「サケの卵ソースかけ」という和風のものと、「豚肉のブレゼ」というフランス系のもの。
どちらもおいしかった。機内食というとあまりおいしくないイメージだったが空腹のせいかおいしく感じられた。

ちなみに「ブレゼ」とは・・・
英語で"braised pork"とかいてあったはず。
"braise"(Vt)〜を蒸し煮する
ということだそうですw


フランスの空港ではこんなものも購入。
P1000315-2.JPG

フランスのテニス雑誌。スペインのものも発見したら購入する予定。
フランスの雑誌の量には驚いた。世界一を争うオシャレなまちを思わせるファッション誌の数からスポーツ誌、ビジネス誌、その多さには驚いた。


そして、16時間もの棺桶に入れられているような気分の旅も終わりマドリッドに着いたときは疲労困憊状態で爆睡して翌日を迎えたのだった。
posted by もーすけ at 05:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
iMiアンケートモニターに入会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。