logo.png 2011年10月リリースしました。

2010年02月27日

梅田さんの力

さて国立前期の大学入試も終わり、受験戦争というものから遠ざかって1年が経過。この1年間で私は何を学んだだろうか?
昨年は受験勉強を通してじつに多くのことを学んだ。
まず、物事にたいする向上心が身に付いた。受験勉強の前から向上心がなかったわけではないが、勉強の大事さ、勉強に限らず学ぶことへの姿勢、そういったことが身に付いた。

それで、そのような大事なことを学んで、その後の1年間はどんなものだったかな?
うーーん…
向上心という意味から、結構本を読んだのは事実。
それから自分が何をやりたいのかなんとなくはっきりしてきた。→これに関してはまた後ほど書きたいと思う!


実際この1年で80冊くらい本を読んでみた。その中には本当に様々な筆者や考え方との出会いがあり、全部は紹介できない。
だけど、ここで印象に残ったものの1つを紹介したいと思う。

梅田望夫さんのかいた
「ウェブ時代をゆく」ちくま新書
である。
この本を読むことになったきっかけはきわめて単純で、大学の講義で教科書として使われていた、というだけ。
題名こそ「ウェブの話しかよ〜」って思うかもしれないけれど、梅田さんが伝えたかったことは決してウェブのことだけではないはず。
物事の本質っていうものは、どんなジャンルであっても一緒なんだよね。
いかにこの世を生き、学ぶか?そういったことについてとても的を得て書いてある。中でも一押しな項目が…
•高速道路論
•ロールモデル思考法
かな。
ぜひ読んでもらいたい一冊です。

この本をもっと楽しみたい人は、「ウェブ進化論」と一緒に読んだ方がいいかも?一応「ウェブ進化論」の完結篇ってことになっています。

そのほかにも、
「フューチャリスト宣言」
「ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!」
などと本を出しているので興味があったら手に取って欲しい。

参照
http://booklog.jp/users/mo-suke
これをみれば、ぼくがどんな本を好んでいるかよくわかると思います。参考までに利用してください
posted by もーすけ at 15:20| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
iMiアンケートモニターに入会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。