logo.png 2011年10月リリースしました。

2010年03月31日

わずかな変化

数学の問題を必死に考えて解けた瞬間の感動を味わったことがあるだろうか?
多くの人は解けた問題が決して難しいものでないとしても、そのような体験をしたことがあるのではないだろうか?


ぼくはそんな感覚が大好きで大学受験でも数学を使い、最も得意な科目としてきた。
そして今でも、数学的思考力(論理力?)にはそこそこ自信もあり、現在では某予備校でよく教えている。

では、ぼくが学問としての「数学」が好きであったかというと…それは別問題になってくる。
一度も数学科にいこうとなど考えたこともないわけであるし。
そして当然、数学界のことにも皆目興味などなかった。


ここに一冊の本がある。
「フェルマーの最終定理」著:サイモン•シモン 新潮文庫



この本が、学問としての数学のすばらしさを教えた。

フェルマーの最終定理とは
3 以上の自然数n について、xn + yn = zn となる 0 でない自然数 (x, y, z) の組み合わせがない、という定理のことだ。

正直なところ…
こんな問題を証明できたところで…
生産性がなさすぎる(笑)


しかし、数学者たちはこの問題に(この問題だけでなく他の素人には生産性がなさすぎて魅力的にみえない問題)何百年もの間追究してきたわけだ。
数学者たちには何が魅力なのか?

おそらく、その一つにぼくたち一般人も感じたことのある数学が解けたときの「達成感」なのではないだろうか?少なくともその延長線上だと思う。



今まで興味のなく知らなかった世界もこの本のように引き込まれるものもある。
どうしても、人間というものは自分の好きな物にばかり手をつける傾向がある。それを180度変えろ!とは思わない。
しかし、自分の行動の10%だけでもいつもと違った「変化」をつけてみることは大事かもしれない。
新しい世界をひろげてくれるはずである。

数学が嫌いな人も、この本は数式がたくさんでてくるわけでもないし、正直数式なんかわからなくても(普通はわからない)楽しめる一冊である。
「変化」を試みて是非手に取ってみてほしい。



posted by もーすけ at 00:01| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

似ている…

安河内哲也。
大学受験の英語のカリスマ教師としてしられる人物だ。

彼は今年の3月に一冊の本を出した。

「人を『その気』にさせる技術」

名前は知っていたものの彼の授業を受けたこともないし、どんな人物かもまったくしらなかった。ただ一つ知っていたことはTOEICで990点をマークし色んな参考書を出していることくらいだった。

この本を読んで一番に感じたこと…
それは、私と大学受験を通して得たもの、感じたものが極めて似ているということ。
そして、私が今までその体験を他人に話したり、書いたりしてきたことがうまくまとまっている。

当然、タイトルからわかるようにメインの話題は人を「その気」にさせるということ。
だが、それ以外の彼のエピソードはとても興味を惹くもの、というかあまりにも似すぎていた。

「似すぎていた」のではなく、もしかしたら大学受験とはそういうものを得るためにあるのではないか?つまり一般論かもしれない。
それは正確にはわからないし、人それぞれだと思うが。

その中でもとりわけ、共通していたことを取り上げたい。
@人生で大事なことを部活が教えてくれた
以前ブログで私がかいたことと結局同じだ。

3/11にかいた「自信を力に」
http://mo-suke.seesaa.net/category/7793586-1.html

を参照して欲しい。

A目先のことしか考えていないくそまじめな人より、知的好奇心が旺盛で、受容性の高い人のほうがはるかに伸び率がいい。

Bやる気のレベルで交友関係も変わる。
これは、実は附属高校に通っていた私がわざわざ受験したきっかけの一つにも関わってくる。

など多数ある。

それからどんな一流の人の考え方の中に共通してあることがまたここでもでてきた。
それは「ポジティブ」であるということ。
ポジティブという姿勢からやはり人間はとてつもないパワーが生み出されるらしい。

このへんの細かいことに関してはまた後ほど、書きたいと思う。

今日、一番伝えたかったことは、
「安河内哲也」が私の代弁をした。ということ。

マイブームのなかに「安河内哲也」が加わったそんな今日であった。
posted by もーすけ at 00:25| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

遺伝子はどこいった?

カッコウの卵は誰のもの
カッコウの卵は誰のもの.jpeg

ある知り合いに教育者なら東野圭吾の「カッコウの卵は誰のもの」の前半は読んだ方が良いよ。と言われ読んでみた。最近、「新参者」も読んでいたこともあって引き続き東野圭吾。

話題は「遺伝子」「才能」。

予備校でアルバイトをするようになってから以前よりいっそう感じるようになった「才能」という壁。大げさすぎるから「センス」とでも書き換えようか?
それは、もう生まれ持ったものであり、どうしようもないことなのか?
どうにか突き破れないのか?
こういったことに悩まされていたときのこの一冊。

なにかヒントがあるのではないか!?
と期待を膨らませて読んでみた。


だが……
おいおい。後半から
「遺伝子」どこいった?
「才能」の話しは?


東野圭吾お得意の「事件」ネタになってしまった↓
まあ東野圭吾らしいっちゃらしいから許す笑

もうちょっと遺伝子頑張って欲しかったな。

でも全体の話しとしてはとても良いですよ!

結局…
「好きを貫く」。これも大事な才能であるってことは改めて実感した。

また新たなヒントを探しに読書あさりしてきます。
posted by もーすけ at 21:40| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
iMiアンケートモニターに入会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。