logo.png 2011年10月リリースしました。

2010年06月15日

前にすすめよ

「科学」という言葉の由来知ってるだろうか?

明治維新以後、西洋から"science"と言う語が入ってきて、当時それに当たる日本語がなかったので明治期の知識人のひとりである西周が訳語をつくった。
ちなみに"love"さえもなかったとか。←それまでの日本人に「愛」がなかったということを想像すると…w

[参考]
西周が作った訳語
技術・芸術・哲学・主観・客観・本能・概念・観念・帰納・演繹・命題・肯定・否定・理性・悟性・現象・知覚・感覚・総合・分解 など


「科学」の「科」の字は「分ける」という意味を持つ。つまり〈分かれた学問〉とうこと。
参考までにwikiには
「科」とは「一定の基準を立てて区分した事柄の一つ一つ」と。

どういうことかというと。
例えば、物理学・数学・心理学・医学・歴史学・政治学・経済学etcなどみたいに。

こういった具合いに「科学」といった言葉ができたらしい。


だがこの世はそんなバラバラな学問が融合したものであり、ひとつやふたつの学問で処理できるようなものではない。

もちろんひとつひとつの学問をしっかり研究することも大事。
しかし、近年そして未来は学際的アプローチをよりいっそう求める。


なぜこんな話題を書いたかというと…

ぼくが通う「人間科学部」ではまさにこのような学際的なことを研究している。

さあ、気づけよ。
あなたが今やらなきゃならないことを。
大学の中では「落ちこぼれ」とかなんだとかグダグダ言わないで。←自分は思ってないけど。


それは、世間的にはまだあまり認められてないからそう感じるだけでしょ?
しっかり物事を考えれば、もっと自信をもっていいはずだ。


自分の周りの環境をもう一回相対的に見直して。
自分のやるべきこと、やれることを考え直してみないか?
posted by もーすけ at 23:45| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

知っているひといたら…

だれか、首都大学東京のゼミナール入試に関して詳しい人いたら教えてくださいバッド(下向き矢印)
posted by もーすけ at 23:55| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

自信を力に

今の自分にたどりついたのは、まぎれもなく高校時代のテニスのおかげだ。
私は、約2年間のテニス部での経験からたくさんのことを学び、それから人生が大きく変わった。まだ10代とこんなこと書くことには説得力がなさすぎるのだが、私なりの今までの賢い生き方、考え方など考えてみた。


まずテニスは私の何を変えたか?
それはたくさんあるのだが、その中核を成しているものは「向上心」ではないだろうか。


中学時代、特に何に打ち込むこともなくぼーっと生活していたのであったが、ある友人の誘いを受けテニスを始めることになる。
特に運動神経も言い訳ではない(むしろ運動は嫌いだった)私が、テニス部でレギュラーの座をとり、そして埼玉県の県大会に出場などの実績を残せたことは大きな自信となっている。当然、小さい頃からテニスをきちんとならっている人にとってはこんな実績はたいしたことではないはず。しかし、これは自分のなかでは重大な出来事であったのである。


大事なことはその背景で経験したこと。それから、その結果による「自信」である。


今回はその自信について書こう。


よく「緊張してダメになってしまった」、「緊張しなければ…」といったことを聞きませんか?というよりそう感じたこともたくさんあるであろう。


でも残念ながらどんな人でも、世界のトップで活躍しているスポーツ選手も、みんな緊張しているのである。しかし、そこで力を発揮できる人とそうでない人の最大の力は「緊張を力に変えることができるか」である。言い換えれば、大舞台やプレッシャーを楽しめるかどうか、である。



では、どうすれば緊張を力に変えることができるのか?
おそらくたくさんの要素があげられるだろう。また、人によっても違うことであろう。
しかし、私は「自信」というものがそれを可能にすると考える。


「自信」とは何か。
ただ単に自信だけあっても仕方がない。自信をもつにはそれなりのプロセスが必要だ。


「私はできること全てをやった。ベストを尽くした。悔いはない」
と思えるほど何かをやればそれはすごい自信になるとおもう。


結果はそこでは気にする必要はない。結果がどうこうではなく、自分のベストを尽くしたかどうかが大事なのである。


私の好きな言葉の1つがそれを表している。
「人事を尽くして天命を待つ」
やるべきことはやって、結果は神頼み。ということだ。




中学受験での第一志望受験。あたまが真っ白になり得意の算数を失敗。
バイオリンの発表会。弓がふるえ、足がふるえ、何度も間違える。


これは、私がテニスを始めるまえまでの大舞台での出来事である。


しかし、高校のテニス部を引退したあと待ち構えていた大学受験。
高3になるまで部活ばかりで、勉強など皆無だったので当然不安ばかりであったが、私は1年間でできる全てのことをやりきった。当時の自分としては最大の努力をした(そういう経験をして更に努力できる量が増えるのだと思う)。その結果、入試本番では皆と同じく緊張していたがその場を楽しむことができた。
そして、希望の大学に入ることができた。


部活をやっていた頃は勉強などしていなかったが、ではその期間だらだらと勉強していたからといって第一志望校に受かっていたかどうかはわからない。受験勉強に直接関係のない部活というものが受験を成功させたのである。もっとも勉強と部活を両立させることが一番大事であると思うが、当時の私はそこまで器用でなかったのである。


何か自分の好きなことに打ち込むということの重要さについて教えてくれたテニス。
これを読んだ人は、続けてきた習い事などを無駄にしないでもらいたい。
posted by もーすけ at 01:24| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
iMiアンケートモニターに入会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。